FC2ブログ
この頃は、リアルの話が多いよ!(マテ
毎日の日課はE・C・O~♪
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
新しい生活の始まり
2007-09-03-Mon  CATEGORY: ECO
ss200113.jpg

ヒロ「い・・・・・・ってぇぇぇえぇぇぇぇぇえぇえ!」
ss200114.jpg

真紅「だ、大丈夫お兄ちゃん!?」

ヒロ「あ、あぁなんとか・・・な・・・
   地面に激突する寸前に、剣先からグラビティを
   放出して、衝撃を和らげたからな・・・しかしいてぇぇぇ」

ヒカル「飛行庭が動いてるときにジャンプなんてするから
    こうなるんだよ!」

ヒロ「以後注意するよ」

ヒカル「(信用できねぇぇぇえこいつの言葉は)」

ヒロ「ところで飛行庭はどうした?」

真紅「それが・・・実は・・・」

















ヒロ「はぁ!海に落ちた!」

ヒカル「あぁ・・・あの後コントロールを失った飛行庭は
    ロケットエンジンで加速しながら山脈地帯の
    方向に飛んで行ったんだ」

ヒロ「山脈地帯って・・・あの飛行庭での
   飛行が禁止されてる所か?」

真紅「そぅ、高い山に飛行庭がぶつかって墜落する
   事故が多発したせいで飛行が禁止になったところ・・・」

ヒカル「南軍に頼んでとめてもらおうと思ったんだが
    山脈地帯に入ったせいで近づけなかったらしい
    攻撃して落とそうとも考えたらしいが
    ロケットエンジンのせいで下手に攻撃すると
    大爆発してしまう恐れもあって手が出なかったっとさ」

真紅「私達の飛行庭は山にぶつかったりして
   土台がどんどん破損していったみたいで・・・
   それでもロケットエンジンで
   何とか飛んでいられたらしいんだけど
   土台が破損したせいで浮遊力がどんどん
   弱くなって行って、山脈地帯を越えた海のところで
   墜落しちゃったんだって・・・」

ヒカル「墜落というか海に突っ込んだって表現の方がいいかな~
    ロケットエンジンは生きていた状態だったし」

真紅「そのせいで飛行庭は木っ端微塵に吹き飛んだって」

ヒロ「まぁ大事故にならなかったのはよかったが・・・」

ヒカル「今回は、被害もほとんどなかったから
    騎士団からのお咎めはナシだってさ」

真紅「しかし・・・どうしよぅ・・・」

ヒカル「飛行庭がなくなっちゃ~寝ることも出来ねぇし」

真紅「家具や荷物も海の底・・・
   新しい庭を造るにもお金かかるし・・・
   それに作るにしても一ヶ月以上はかかる」

ヒカル「一ヶ月も野宿とかありえないだろ!
    だいたいなんでアクロポリスは宿屋が無いんだ!」

ヒロ「評議会に文句いえ、そういうのは」

真紅「あの人達が素直に要望を受け入れてくれるとは思えないけど」

ヒカル「だろうな・・・」

真紅「早くこの事態を何とかしなと・・・せめて
   寝るところだけでも確保しないと・・・!」

ヒロ「・・・・・・・・・・・一つだけ心当たりがある」

ヒカル「ほんとうか!
    でも、一ヶ月も家に泊めてくれる友達なんているのか?」

ヒロ「いや・・・友達じゃないんだが・・・とにかく着いて来い」





















???「ちょ!何なんだ!キミ達は!」

ヒロ「しばらくの間、ここに住まわしてもらう」

???「な、何を馬鹿なことを!
    ヒロアキ!寝言は寝てから言いたまえ!」

ヒカル「・・・少しせまくないか?」

真紅「でも、設備は充実してていいと思うよ♪」

???「すでに住む気満々だし!」

ヒロ「いいだろ?長官?」



ss200115.jpg

西軍長官「いや!・・・しかしだな!」

ヒロ「この前の仕事・・・・俺がいなかったらどうなってたかな?」

西軍長官「ぎくっ!た、確かにあの仕事の成功は
     君のおかげだったが!」

ヒロ「それに、その時の報酬もまだだったな」

西軍長官「ぎくっ!ぎくっ!!」

ヒロ「その報酬の代わりだ、いいだろ?それなら?」

西軍長官「くっ・・・よ、良かろう!
     その条件でならここに住んでも構わん」

ヒロ「ふ、交渉成立だな」

西軍長官「ところでしばらくっといったが
     一体どのくらいいるつもりなのだ?」

ヒロ「あ~大体一ヶ月かな」

西軍長官「い、一ヶ月だとぉぉぉぉぉお!

ヒロ「いきなりでかい声だすなよ!」

西軍長官「い、一ヶ月もお前とお前の兄妹と
     一緒に生活をしないといけないのか!」

ヒロ「まぁそういうことになるな」

ヒカル「よろしくな~長官さん」

真紅「お世話になりますねぇ長官さん♪」


ss200118.jpg


西軍長官「あ、悪夢だ・・・・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 毎日の日課はE・C・O~♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。